換気扇のしつこい汚れを簡単に落とす洗剤│掃除のプロを見習う

キッチン周りの油汚れ

洗剤

お湯とつけ置きが効果的

換気扇は掃除が大変なイメージがあり、クリーニングなどを依頼することも良くある場所です。換気扇の油汚れを取るためには、専門の洗剤などを利用することで綺麗に掃除をすることが可能です。換気扇を掃除する時には、洗剤の使い方にも気を遣う必要があります。洗剤をつけてからすぐに掃除を開始するよりも、換気扇に洗剤をつけてしばらく放置しておいた方が汚れがよく取れます。1〜2時間ほど置いておくと効果的です。また、洗剤を使うだけではなくお湯を使うことでより汚れを落としやすくすることが可能です。換気扇は長い期間掃除をしないでいると油が垂れてきたり固まってしまったりと不具合がありますので、定期的に洗剤で掃除をすることが望ましいでしょう。

洗浄時に気をつけること

換気扇の掃除に使用する洗剤には、いろいろな種類があります。洗剤を使う場合、換気扇の材質にも気を遣う必要があります。油汚れを落としやすいアルカリ系の洗剤はアルミなどに使用すると腐食することがあります。また、溶剤も油汚れに最適ですが、金属製品には向いていません。換気扇の材質を見極めて、合う洗剤を使うことが大切になります。換気扇を洗う時にはしばらくつけ置きをすることが効果的ですが、大きなサイズの洗い桶が用意できない場合もよくあるでしょう。その場合は浴室などで大きな袋を利用するなどして、つけ置きをしておくと場所にも困ることはありません。換気扇の掃除をする時にはプロの掃除屋さんに話を聞くことも良いヒントになります。