マンション管理の資格

マンション管理士

不動産と聞いて思いつくのは、マンションという方も少なくないでしょう。
そこでここではマンション管理士という資格について、見ていこうと思います。

マンション管理士は、マンションの管理や維持などといった業務を行うための資格になります。
管理組合などの依頼を受けて、マンションを所有している人に対してリフォームや修繕と言ったマンション管理に関わる分野の指導をすることになります。

このマンション管理士という資格は、「マンション管理士試験」に合格することで取得できます。
この試験は、国土交通省の指定するマンション管理適正化センターで開催されます。

マンション管理士試験で必要になってくる知識は、マンションの管理にかかわる法律や建築などについてが中心になります。

マンションリフォームにも資格がある

マンションという話題で、もう一つ資格をご紹介したいと思います。
その資格は「マンションリフォームマネージャー」という資格です。
ではその資格はいったいどのようなものなのか、見ていきましょう。

マンションリフォームマネージャーとは、老朽化などによって実施されるマンションのリフォームについて企画をしたり提案したりする場面で必要になります。
専門的な資格として位置づけられています。

マンションのリフォームは、最近老朽化や耐震強化などのニーズが高まってきている流れの中で、必要となってきています。
とくにマンションのリフォームを行う専門家として、とても注目されています。

マンションリフォームマネージャーの資格は、財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターが管理する試験に合格して、登録することで取得できます。

マンションのリフォームのための基本的な建築の知識から専門的な知識まで問われます。
また製図試験もあります。