不動産管理にはどんな資格がある?

不動産管理の資格まとめ

資格は本当に必要?

不動産管理の資格とひとくちに言っても、さまざまなものがあります。 どの資格をとっていいのかわからない、という方も多いかと思います。 ここではたくさんある不動産管理の資格のうち、人気の資格について見ていきます。 定番と言ってもいい「宅地建物取引士」の資格について、人気の理由や活用法についてご紹介します。

マンション管理の資格

不動産管理の資格で思い浮かびやすいものとしては、マンション関連の資格があるのではないでしょうか。 もちろん、マンションの管理にも資格が存在しています。 ここではマンションの管理に関係した資格について、その種類や難易度についてご紹介していきます。

新しい資格について

不動産管理の資格について、これまでさまざまなものを見てきました。 しかしどの資格も漢字がたくさん並んでいて、とっつきにくいという人も少なくないと思います。 ここでは、最近の時代の流行に合わせた資格について、その種類や活用などをご紹介していきます。

人気定番の資格

このサイトでは、不動産の管理に関わる資格について中心に紹介しています。
そんなサイトであるからこそ、ここである疑問を解消しておきたいと思います。
ずばり「不動産管理に資格は必要なの?」という疑問です。

多くの人が資格は取っておくことに超したことはない、と口をそろえて言うのをよく聞きます。
しかし、実際その資格が生かされている場面が想像できない、という方も少なくないでしょう。
それがこの疑問の出発点だと思います。

ここでその疑問の答えを、一緒に見ていくことにしましょう。

そもそも専門的な作業については、専門の業者が存在しています。
つまりそのような作業を業務として行わない場合は、その資格は必要ありません。

しかし第三者の不動産取引を代理したり、仲介したりする場合には、重要項目記載書や契約書類などへの記名や押印が必要となるため、それを仕事とする場合にはやはり必要になるのです。

では具体的にどのような資格は、とっておいて損がないのでしょうか。
ここで少し見ておくことにします。

まずは定番中の定番、宅地建物取引士の資格です。
これは他のページで紹介していますので、そちらを参考にしてくださいね。

他にも、マンション管理士の資格もお得な資格になります。

さらに言えば、管理業務主任者という資格もとっておくといいでしょう。
建物の管理業者の善し悪しを判断して、管理運営組合を円滑に進めることができる知識が身につくと言われています。